やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】

事前にチェック!フリーエンジニアになるってどういうこと?

フリーエンジニアになろう!

着々とスキルアップをしても、昇給はすずめの涙程度で、仕事ばかりが増え、働けば働くほどスキルと収入の見合いがかけ離れていく・・・。企業で働く中堅エンジニアのよくある不満ではないでしょうか。それならいっそ、独立してフリーエンジニアとして得意分野で納得のいく報酬を稼げないものか?そう考えることに何の不思議もありません。そうは言っても、フリーエンジニアとは、いわゆる個人事業主であり、エンジニアとしての本業以外の仕事量は増える上、収入は不安定、生活の保障もありません。会社員とフリーエンジニア、どちらによりメリットがあるかは人によって異なります。メリットやデメリット、両者の違いなどを十分に比較検討した上で、ご自身にとってベストな道を選んでください。

フリーエンジニアになるとは?

フリーエンジニアになるとは?

フリーランスになれば、基本的にすべてを自分でこなさなければならず、そのための準備が大切になります。税務署に「開業届」と併せて「青色申告承認申請書」を提出して、まずは「青色申告」ができるようにしておきます。「青色申告」は特別控除の他、様々な税制上の優遇を受けられるのですが、そのためには帳簿類を適正に作成しなければなりません。従って事業用口座を用意して領収書は確実に残すようにし、記帳をこまめにすることです。また生活の保障が無いため、営業を自ら行わなければなりませんが、費用が掛かるものの専門のエージェントに依頼するという方法もあります。

フリーエンジニアになるメリット&デメリット

フリーエンジニアになるメリット&デメリット

フリーランスになれば収入が上がる傾向にはありますが、単純な比較では語られない、社会保障の違いなどの背景をも考えなければなりません。フリーランスが仕事を受注するためには営業も必要です。仕事が無ければ収入も無いのであり、労災保険も雇用保険もありません。もっとも営業は専門のエージェントに任せるとしても、生活保障のための健康保険や年金は、会社勤めに比べて割高で手薄になるため、自衛措置が必要です。更に確定申告においては、少しでも税制上の優遇措置を利用しましょう。またフリーランスの信用は相対的に会社員時代に劣るため、ローンを組む予定がある場合には特に注意が必要です。

フリーエンジニアのための保険知識

フリーエンジニアのための保険知識

フリーランスになれば、こと保険と年金に関して、会社員時代との違いに驚くかもしれません。会社員であれば、社会保険料を支払っていれば併せて会社に厚生年金の掛金を折半してもらえますし、労災保険や雇用保険も会社に加入してもらえます。しかしフリーランスの場合には国民健康保険と国民年金に加入することによって、最低限の保障しか得ることができません。労災保険も雇用保険もないため、事故や病気で仕事ができなくても補償は無いのです。また国民健康保険料は社会保険に比べて割高ですし、国民年金の支給金額は将来の生活を賄うにはあまりに少ないというのが現実です。

各テーマ一覧

Copyright © 2015 やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】 All Rights Reserved.