やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】

すべて自己責任!フリーエンジニアになるということ

フリーエンジニアになるとは?

フリーランスになるのであれば、その手続きは簡単です。今勤めている会社を辞めて、税務署に「開業届」を提出すればよいのです。しかしこの簡単な手続きによってフリーランスという身分になると、大きく環境が変わります。

フリーエンジニアになるとは?

・生活の保証がない

まずフリーランスには、生活を保証してくれるものがありません。会社のように営業とエンジニアとでは部署が分かれており、エンジニアは営業が取ってきた仕事をひたすらこなすというのではなく、自ら新規顧客を開拓し、自ら仕事を受注し続けて行かなければなりません。従って人脈の広がりや自分にしかできない高度専門的なスキルなど、営業に繋がるようなものが必要になります。もっとも営業が苦手なエンジニアも少なくなく、幸いにもIT業界では人手不足が続いているため、専門のエージェントに依頼するという方法もあります。もちろん費用は掛かりますが、それでも実際のところ慣れない営業に時間を費やすよりは効率が良く、また自分の力ではとても受注できないような規模のプロジェクトに参加できる機会に恵まれるかもしれません。

・税務申告は自分で

またフリーランスは基本的に、会社で言うところの総務や経理といった仕事も自分で行わなければなりません。知らなければ思わぬ損になるような税務知識もあるため、情報収集は必要です。「青色申告」をして税制上の優遇を受けようと思うのであれば、その基準に見合った帳簿類を作成しなければなりません。従って確定申告の時期になって慌てなくても済むように、ある程度余裕を持った準備が不可欠です。もっともこれも最近は、クラウドサービスで個人事業主向けに安くて手軽な会計ソフトが提供されていることもあり、使える道具を賢く使うことで負担を格段に減らすことができるのです。まずは「開業届」を提出する時に「青色申告承認申請書」を併せて提出しておくことと、領収書は確実に手元に残してこまめに記帳を行うことから始めましょう。そのため開業にあたっては事業用の口座を、生活のために出し入れする口座とは別に新たに用意しておくと良いでしょう。

・保険と年金

そしてフリーランスになれば、会社における福利厚生のような手厚い保障はありません。原則的には国民健康保険に加入して、国民年金を受給することになるのですが、その割高な保険料等は確定申告の時に控除を受けることが出来ます。フリーランスは会社勤めに比べて、収入が高くなる傾向にありますが、このような背景の違いがあるため、一概に比較できるものではありません。もっともフリーランスであってもいわゆる退職金になるような積立ができる小規模企業共済といった制度もあり、将来的な生活資金の確保に利用すると良いでしょう。

各テーマ一覧

Copyright © 2015 やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】 All Rights Reserved.