やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】

専門エージェントって何がいいの?フリーエンジニアのエージェント利用のメリット

フリーエンジニアのエージェント利用メリット

最近では、会社から独立してフリーランスとして活動するエンジニアの方が大変増えています。フリーになれば、わずらわしい会社の規則に縛られることなく自分の好きなペースで働くことができるという大きな魅力があります。人間関係がストレスになりやすい現代人にマッチするワークスタイルといえるでしょう。しかしフリーエンジニアになると、会社に在籍していた頃との勝手の違いに苦慮することが少なくありません。そんな時、エージェントは、フリーランスの活動をサポートしてくれる心強い味方になります。

フリーエンジニアのエージェント利用メリット

・多彩な仕事を受注できる

フリーエンジニアは、自ら営業活動を行って自分の仕事を取ってこなければなりません。しかし独立したばかりのエンジニアに強力なツテがあるケースはほとんどなく、受注できる仕事がどうしても少額案件に偏ってしまいがちです。その点、エージェントに登録すれば、WEBデザインからシステムエンジニアに至るまで様々な種類の仕事を紹介してもらえます。その中には一般に公開されていない「非公開求人」と呼ばれるものもあり、自分で営業活動をしてもなかなかめぐり会えないようなおいしいプロジェクトに参加できるチャンスがあります。収入が増えるのはもちろんのこと、エンジニアとしてのキャリアアップにもつながります。

・経費がかからない

自ら営業して新規受注を獲得しようとした場合、交通費や飲食代など営業経費が馬鹿になりません。その結果、確実に受注できるという保証もないため、労多くして実りなしという結果になることもしばしばです。その点、専門エージェントを活用して仕事探しをエージェントに任せてしまえば、自分自身は本業や経理処理などに集中することができます。マッチング成立時に手数料を支払うとしても、その時点で受注は確定していると思えば、自力で動く営業経費よりもよほど実りのある経費と考えることができます。

・孤独なフリーエンジニアの心強い味方

フリーエンジニアは基本的に孤独です。取り立てたトラブルも悩みもなく万事順調なときは孤独感を感じることも少ないかもしれません。しかし、いざ何かトラブルに直面すると、そのトラブルに自分ひとりで立ち向かうというプレッシャーに押しつぶされそうになることもあります。そもそもエンジニアという仕事自体ストレスの多い職種でもあり、精神的なダメージを受けることもよくあります。色々な意味で良質なフリーエンジニア専門エージェントとの良好な関係を維持しておけば、仕事上でトラブルが起きた際や悩み事、スキルアップのアドバイスなどにも対応してくれるため、非常に心強い存在となるでしょう。エージェントによっては、コーディネーターの他に税理士や弁護士など士業の担当窓口をもうけて、エンジニアが苦手とする税務や確定申告、契約関連の相談を受けてくれるところもあります。

各テーマ一覧

Copyright © 2015 やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】 All Rights Reserved.