やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】

単価を上げたければ、フリーエンジニア専門エージェントの力を借りよう

フリーエンジニアはエージェントを利用し単価UP

フリーエンジニアの強みは、クライアントとプロジェクトの報酬額を直接交渉することができる点にあります。同じ分量の仕事をするなら少しでも年収をアップさせたいと思うのはプロとして当然の願望であり、プロジェクトの単価アップを狙うのは何ら悪いことではありません。それでは、どのように交渉すれば高単価の仕事を確保することができるのでしょうか。フリーエンジニアなら誰もが気になる年収アップの秘訣についてご紹介しましょう。

フリーエンジニアはエージェントを利用し単価UP

・ポイント1:自分のスキルをアピールしよう

クライアントがフリーエンジニアに支払う報酬は、そのエンジニアの「商品価値」によって定まります。高性能の家電が高く販売されるように、すぐれた能力を持つエンジニアにも高い報酬が支払われます。
クライアントと交渉を行う際には、自分の得意とする分野のスキルやこれまで培ってきた実績などをアピールすることがとても大切です。特にIT業界は短期間で技術トレンドがコロコロ変化する世界なので、他のフリーエンジニアにはないユニークなスキルを持っていると大きなアピールポイントになります。日頃から書籍を読み込んだりWEBサイトをチェックしたりして、自分の技能を磨き続ける習慣をつけておきましょう。

・ポイント2:信頼関係を大切にしよう

サラリーマン同様、フリーエンジニアの年収も活動期間の長さによってアップしていくのが一般的です。独立したばかりのフリーエンジニアは実績がないのであまり多くの仕事を受注できませんが、経験豊富な方のところにはクライアント側からどんどん依頼が舞い込んできます。極論、営業活動を行わなくても安定した収入を確保することができます。
フリーランスとクライアントは信頼関係で結びついています。締め切りを厳守するのはプロとして当たり前ですが、挨拶など社会人としての礼儀も肝心。「このエンジニアと長くパートナー関係を築いていきたい」とクライアントに思ってもらえるような人材を目指しましょう。

・ポイント3:エージェントを活用しよう

どうしてもクライアントと直接交渉するのが苦手という方もいることでしょう。そんな時に重宝するのが、フリーランサーに特化した「エージェント」です。エージェントには交渉に長けたコーディネーターが多数在籍しており、営業活動をしっかりサポートしてくれます。一つのプロジェクトが終了した後もすぐに次の仕事探しを手伝ってくれるため、とても頼りになる存在です。
フリーエンジニアは業務から税金の手続きまであらゆる作業を一人でこなさなければならない孤独な立場です。エージェントをパートナーにつければ、単価アップと同時に自分の仕事をより効率的に進められるメリットを享受できることでしょう。

各テーマ一覧

Copyright © 2015 やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】 All Rights Reserved.