やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】

活躍し続けるフリーエンジニアになるために

今後も活躍し続けるフリーエンジニアとは

一度は独立してみたものの、実は会社員として働く方が自分の性に合うことに気付き、あらためてサラリーマンに戻ったという人も中にはいます。しかし、そうでなければ、フリーエンジニアとして仕事も生活も軌道に乗せて、長く継続したいと思うでしょう。一定のスキルや実績、経験値を持つエンジニアであれば、フリーエンジニアになること自体はそう高いハードルではありません。難しいのは、「フリーエンジニアになること」ではなく、「フリーエンジニアであり続けること」です。フリーエンジニアとして活躍し続けるために意識したいポイントや習慣などを紹介します。最新技術やトレンドをつかんでおくことが大切であるのと同様に、この先求められる次世代エンジニアの姿をキャッチすることも重要です。

フリーエンジニアとして活躍し続ける習慣とは

フリーエンジニアとして活躍し続ける習慣とは

モチベーション維持が難しいフリーエンジニアの仕事を長く続けるためには、三つのステップの習慣づけが大切です。まず、目標を高く設定しすぎないこと。あまりにも実現の難しい計画を立てると、第一歩を踏み出すことが怖くなってしまいます。まずは試作の気持ちで、自分の作りたいものを目指しましょう。次に、他者とのコミュニケーションを大切にすること。関係者と積極的に交流を持ち、独りよがりにならないように気をつけましょう。そして、フィードバックを心の支えにすることです。自分の制作したシステムがユーザーからどのように評価されているのか、その反応をチェックすれば仕事のやりがいに繋がります。

老害フリーエンジニアにならないために

老害フリーエンジニアにならないために

エンジニアに限らず新たな技術革新に乗り遅れれば、もはやそのビジネスでは通用しません。ましてIT業界のようなスピードが速くて流行り廃れが激しい分野では、エンジニアもそれなりの覚悟があるでしょうが、えてして専門化と高度化の敷居の高さに慣れてしまい、気がつけば一人時代に乗り遅れているということにもなりかねないのです。そこで最近はクラウドサービスという便利なツールも生まれていることですし、そのようなWeb上のサービスを上手に活用しながら、孤立しないよう様々な交流の場で積極的に情報を発信して行くことも必要でしょう。

未来型のフリーエンジニアの考え方

未来型のフリーエンジニアの考え方

ITエンジニアの世界にも、次世代が育ちつつあります。社会においてコンピュータシステムの普及が一段落したため、これからは作り手よりも使い手の要望に合わせた、よりきめ細やかな対応ができるITエンジニアの価値が高まるでしょう。また平均化した後には、二極分化が進むものですが、クライアントの個々の事情も様々であり、要求のレベルも多様です。従ってコミュニケーション能力が高ければ、そのような要望を適切に聞き出して、最適なシステム化を実現できるという強みになるでしょう。あるいは趣味をとことん極めるなどといった、個性を前面に打ち出すのもアピールになり得ます。

各テーマ一覧

Copyright © 2015 やっぱりエージェント次第?【フリーエンジニアNOW】 All Rights Reserved.